「英語のサマースクール」を開講します!

もうすぐ夏休みがやってきます。
子供達にとっては楽しい長いお休みですが、親御さんにとってはなかなかハードな毎日ですね。
せっかくの長いお休みは子供にたくさんの経験をさせてあげたいものです。

そこでScoop Education Academyでは、夏休みに英語の「サマースクール」を開講します。
午前中(午後)に集中して英語を学びましょう。

幼児や低学年は外国人講師と勉強やゲームをしながら日常会話を身に付けましょう。
英語は2018年度から20202年度にかけて義務教育の中で占める割合が大きくなります。
小学校3年生から導入され、5年生からは教科として成績がつきます。
その為、一部中学の内容が小学校におりてきます。

中・高学年は日常会話だけでなく中学に入る前に身に付けておきたい基礎的な文法も学びましょう。

2020年度から中学校での英語の授業は原則英語で行われます
導入のタイミングは学校によって変わるので、早いところであれば2018年度から導入されます。

すでに英語を学んでいる子供と全く勉強をしていない子供では大きな差がついてしまいます。
学校の授業は習熟度別のクラス編成になる予定ですが、高校入試・大学入試では同じ問題を解かなくならないので
ハンディを背負うことになります。

英語は大人になってから学べばいいと言う方もいまだにいます。
しかし、現在の教育改革や就職戦線を見る限りそれではもはや間に合いません。

そして英語を教えるところは授業形態、講師、授業料、実に様々です。
先を見据えて、どこが一番子供の今後に役に立つか見極めましょう。

Scoop Education Academyでは希望者に「中学生で英検1級に合格したママがしていたこと」というレポートを
お渡ししています。

何処で英語を学ばせたらいいのか、家ではどんな事をしていたのか、どんな点に気を付けてスクールを選んでいたか
実際の経験をまとめたものです。
どうしたらよいか迷っている方は、参考にしてみて下さい。

レポートをまとめた頃は中学生だった娘も現在高校1年生になりました。
英語は母国語レベルなので今は習っていません。代わりに外国人の先生から英語でスペイン語の授業を受けています。
フランス語はシンプルな日常会話や読み書きは出来ます。
英語は語学への興味の扉を開いてくれました。

英語をツールとして使いこなせるだけで、収集できる情報や知識は膨大になります。
彼女は今、自分の将来の進学先を国を含めて検討しています。

確かに大人になってからでも語学としての英語は学べます。
でも英語が子供の頃から出来れば、英語をツールとして多くのスキルを身に付けることが可能です。

親世代の常識はすでに過去の物です。
英語は話せて当たり前になりつつあります。
これからは英語やそれ以外の言語をツールとして何が出来るかが求められるのです。

夏休みは学ぶ時間が多く取れる良い機会です。
英語漬けにして、異文化への興味を持たせてあげて下さい。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。