親の背中、子供の視線

「勉強しなさいって言わないママになるセミナー」

ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

今日は、限られた時間のなかでワークの項目が多く
触れることが出来なかった項目もあり、わかりづらい所もあったと反省しています。

このセミナーは同じ内容で、平日ご参加頂けない方や今日いらっしゃれなかった方に
改めて開催します。

それが終わった段階で諸々レポートにしてお配りしたいなと思っています。
ですので、今日のシート捨てないで待ってて下さいね。

私も母親歴は18年、今年で19年になろうとしています。

その中で、良い経験、苦い経験、後悔と誇り・・・様々な事を学びました。

長男、長女どちらの子育てにも後悔することがたくさんあります。
そして、これからもそれが続いていくでしょう。

今年の私の誕生日に、旅行に出かけていた娘がこんなLINEを送ってきました。

「お誕生日おめでとう。いつもお仕事お疲れさま。
いつも忙しくてストレスがたまりやすいのに、私もストレスをためさせてしまっていますが
これからもよろしくお願いします。

この前のスペリング・ビーでも期待していただろうに
3回戦で落ちてしまって・・・日中青年会議も通らなかったし・・・

でも、私なりに頑張っていたので
これからもいろんな大会に参加して、もっと頑張って活躍したいと思っているので
これからもよろしくお願い致します。

新しいスクールも成功も願っています。これからも頑張ってね。
お誕生日おめでとう。プレゼントは帰ってからのお楽しみね」

 

仕事仕事の母を見て、多感な年ごろの娘はどう思っているのかな。
そう不安がよぎることも無くはありませんでしたが

娘は、働く私を見て何かを感じてくれているんだなと感慨深いものがありました。

同時に、口に出さなくても、私の期待を感じ
結果を出せなかったことをこんな風に考えていたのか・・・
そう思うと、娘にプレッシャーを与えていたようで
申し訳なかったな・・・と反省もしました。

子供は、口に出さなくても
日々、親の姿から何かを感じ取っています。

親の言葉や姿勢が、子供の人格形成に大きく影響を与えるのは否めません。

人を変えることはできませんが、自分がを変えることはできます。
子供を変えることはできませんが、親が変わることで子供は変わることがあります。

私は私の仕事を頑張る、娘は娘のやりたいことを頑張る
親子は、ずっとそばにいなくても生きる姿勢は自ずと似てくるのかもしれませんね。

娘の期待を裏切らないように、母も一生懸命頑張ろうと思います。

今日は、ママ達とお話しが出来て私自身が勉強になりました。
ありがとうございました。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。