マニュアルにできないもの

マニュアルにできないもの

例えばファーストフードのサービスは、全てのお客様にIMG_0051

同一のサービスを提供することが求められるので

細かいマニュアルが必要になります。

でも、「教える」ということはマニュアルにはできません。

何故なら、「教える」ことは「寄り添う」ことだからです。

個々の理解力、個々の理解速度・・・

それが子供ならば、その日の気分もあるでしょう、体力もあります。

やりたい時もやりたくない時も

どんな時もその子に何か学びがあるように

レッスンを進めるそれが講師の力量だと考えています。

先生達はエンターテイナー!

外国人講師、日本人講師ともにそれぞれのカラーを持っています。IMG_0009

それぞれがカリキュラムに沿った内容をそれぞれのカラーで

子供達に教えています。

だから、おゆみ野校の先生は生徒さんと大仲良しなのです。

学習は楽習でなくては続かない

ブログでも何度も繰り返していますが、「学習」は「楽習」でなければ

続きません。人は一生何かを学ぶことが求められます。

だから、特に子供達には勉強の楽しさとやればできる成功体験を

積ませてあげたいと思っています。

私達講師も生徒さんにより楽しく、よりわかりやすくレッスンできるように

日々研鑽していきます

さあ、今週もみんなー頑張りましょう!

関連記事

  1. 「見て見て」の連鎖!

  2. 英語の早期教育のあるある

  3. 1冊の積み重ね、親子の時間

  4. 嬉しいけれど、寂しい先生の気持ち

  5. 自ら学ぶ子供達

  6. 世の中は不公平であるということ その2

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。