インターナショナルスクールとは

インターナショナルスクールへの進学のご相談

IMG_0182

社会での英語の需要が高まるにつれ、インターナショナルスクールへの

進学を希望されるご家庭が増えてきました。

おゆみ野校でもインター校対策のご相談が増えています。

私の二人の子供はそれぞれ日本の学校、インター校に在籍しています。

面談の際はその経験からお話をさせて頂いておりますが

1つ皆さんが良く誤解をされていることがありますので

その点をお話させて頂きます。

インターナショナルスクールは英語を学ぶところではありません。

英語で学ぶところです。

インター校を希望される親御さんの中には、

英語を身に付けさせたいからとおっしゃる方が多いのですが

それは大きな間違いです。

インター校は全てのことが英語で行われます。

学校生活、勉強、面談・・・全てです。

英語が話せる前提で物事が進んでいきますので、入学時点で十分な英語力がないと

勉強はもちろん、全ての学校生活に支障をきたします。

日本の学校とは教科書も異なり、教える順序も異なるので

いわゆる学習塾でのフォローも出来ません。

それに、学習塾に通わせたくとも、英語で授業をしてくれるところは

ほとんどありません。(おゆみ野校はエマージョン教育対応しています)

そして先生も外国の方なので、教育における考え方の相違もあります。

保護者も日本人だけではありませんので、文化や価値観の違いもあります。

そして、先々の進学についても考えておかないといけません。

留学するのかもしくは国内に残るのか・・・など

考えておかなければならないことは多いです。

どこでも学べる、どこでも働ける

反面、英語で学べるだけの英語力があるということは

将来子供さんが望む国に進学、就職ができるので活躍の場所を

世界中に広げることができます。

デメリットもありますがメリットも大きいのです。

大切なことは準備と心構え

インター校はこれからの時代に確かに魅力が有ります。

進学を希望されるご家庭は、どうぞ早くから準備をしてください。

小さいうちに英語のお勉強を始めて、身の回りのことが英語で出来るのは勿論

読み書きも小学校に上がる前にはできるようにする必要があります。

そして、自立心も養っておきましょう。

親御さんに頼るお子さんではインター校でやっていくのは大変です。

おゆみ野校では、インター校のご相談(エマージョン教育含む)も承っております。

ご希望の方はご連絡下さい。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。