悔し涙

出来なくて悔しい、そんな涙が子供を強くします

IMG_0304

最初から、難しいことができる子供はいません。
誰でも最初はできなくて当たり前なんです。

でも、実力がついてくるにつれ、子供は
出来ないことを「悔しい」と思うようになっていきます。
もっと上、もっともっと上を望むようになります。

おゆみ野校には、今、試練に立ち向かっている子がたくさんいます。
高いハードルを越えるために、必死に頑張っている子供達がいます。

涙でうるんだ瞳を見ると切ない気持ちになりますが
私も、ここは背中の押しどころなので心を鬼にして
思い切り押そうと思います。

今の涙は必ず人生のかけがえのない財産になります

子供の頃は、結果が出なくても
そこに至るまでのプロセスを褒めてもらえます。

でも、大人になれば求められるのは結果のみ
プロセスなど評価してもらえません。

だから、厳しいようですが
時には、結果にこだわることがあってもいいと思うのです。

安易な「可哀想」が子供をだめにする
子供の涙は誰でも心が痛みます。我が子の涙ならばなおの事・・・
「可哀想」というのはたやすいことです。
でも、子供が成長するときには
時に歯を食いしばることも必要なのです。
思えば私も何度も「悔し涙」流してきました。
でも、そのたびに強さも手に入れてきました。

「夢を見る」だけなら誰にでもできます。
「夢を叶える」のは努力が必要です。
私は生徒達に「夢を叶える」大人になって欲しいのです。
今の子供たちの試練は「夢を叶える努力」に繋がるものです。
私は子供達にとって、今でも十分「鬼」ですが
更に気合をいれて、指導していきたいと思います。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。