国立大学も英語で学ぶ時代です

2016年 4月1日「千葉大学 国際教養学部」

千葉大学に41年ぶりの新学部であり、国立大学初の「国際教養学部」が設立されます。

通常入試には外国語検定試験のスコアによって点数が5点から30点加算もしくは

満点換算される場合は個人学力検査の「外国語」試験が免除されます。

対象とされる外国語試験はTOEFL/IELTS/英検/GTEC CBT/TOEIC+TOEIC SWです。

特色化入試は、小論文ネイティブによる英語の面接があります。

IMG_0340

文系でも理系でも試験は受けられますが、いづれにおいても英語は必須です。

入学してからも海外との関わりが深く、卒業するには1回の留学が必要です。

詳細は千葉大学のHPをご覧ください。

話せるだけの英語はもはや不十分

英語(多言語)で学び、研究し、発信する

これからはこれが日本でもスタンダードになります。

「ただ話せる、ただ理解できる英語」は、もはや通用しなくなります。

教育のシステムは変わると決まればすぐに変わります。

しかし、子供の語学力はすぐには付きません。

今の親御さんの世代では、英語が話せるとメリットになっても

英語が話せなくて困ることはあまりありませんでした。

しかし、これからは教育システムの大幅な変化によって

英語の話せる人が増加するので、英語を話せないことがデメリットになります。

あなたのお子さんが語学力が無いために、持てる能力を活かせない

あるいは、夢を叶えるのに遠回りをすることがないように

今から英語を学ばせませんか?

英語を始めるのに早すぎる事はありません。早ければ早い方が良いのです。

脳や耳、顎や舌が固まらないうちが最も吸収が良いのです。

おゆみ野校ではすでに多くの方が「話せる以上の英語」を学んでいます

年齢は関係ありません。実力に合わせたレッスンこそが上達の鍵です。

お母さんと一緒に英語を学ぶ赤ちゃん達がいます。

英検1級、2級を取得した中学生達がいます。

幼稚園生でネイティブと英語だけでレッスンをしているお子さんもいます。

TOEFL/IELTSに向けて学んでいる小学生、中学生、高校生がいます。

お仕事と両立しながらビジネス英語やスキルアップをされる大人の方達がいます。

もちろん、英語に初めて触れる子供達、大人の方もたくさんいます。

あなたの目標を教えてください、あなたの夢を教えて下さい。

IMG_0042

学びの形は1つではありません。学ぶ方法も1つではありません。

あなたが目標を達成できるように、最適なレッスンをご提案します。

11月8日に「保護者のための英会話レッスン体験会&英語教育座談会」を開催します。

外部の方のご参加もお受けしています。お子様の体験をお申し込みの前に、ぜひご自身で体感して下さい。

ご予約、お問い合わせはフロンティア外語学院おゆみ野校までお電話ください。

043-235-8139

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。